Yahoo!ショッピング

ヤフーショッピングとAmazonの手数料の違いを解説!ヤフショはメリットが大きい

私がヤフーショッピング販売を強くオススメする理由の一つに「ヤフーショッピングの手数料の安さ」が挙げられます。

この記事を見ているあなたも、Amazonの高額な手数料に頭を悩ませてはいませんか?

以前の私もそうでした。

Amazonは手数料が高すぎる・・・

手数料が安ければ当然手元に残る粗利は多くなります。

今回の記事では、実際の商品を例に挙げて「Amazonとヤフショの手数料と利益の違い」について解説していきます。

 

ヤフーショッピングとAmazonの手数料の違い

ヤフーショッピングとAmazonの手数料の違いについて解説していきます。

ヤフーショッピングの手数料について

まずはヤフーショッピングの手数料について解説していきます。

ヤフーショッピングは、

  • ストアポイント原資負担 → 1%
  • キャンペーン原資負担 → 1.5%
  • アフィリエイトパートナー報酬原資 1%
  • 入金サイクル月6回の場合 → 0.4%

これらの手数料が最低限必須になってきます。

全て合わせても「3.9%」となっています。

 

実際にはお客さんの決済方法(クレジットカードかどうか)やPRオプション(別記事で解説します)の設定などによって若干変わりますが、私のショップの場合だと毎月約6~6.5%ほどの手数料で落ち着いています。

 

Amazonの手数料について

Amazonの販売手数料は商品カテゴリーによって変わりますが、8~15%です。

ただし、上記はあくまで販売手数料であり、FBAなどのサービスを利用するとさらに手数料を取られます。

 

実際に商品が売れた場合の利益金額の差は?

では一度同じ商品が同じ値段で売れた場合のシミュレーションをしてみます。

「ドクターシーラボ アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX 200g」という商品で例に挙げてみます。

 

この商品がAmazonで売れた場合、粗利は10,961円となります。

仮に同じ値段でヤフーショッピングで売れた場合、

  • 手数料822円(手数料6.5%計算)
  • 送料520円(レターパックプラスの場合)

以上の合計1,342円の経費がかかります。

 

これを販売額12650円から引くと11,308円となり、粗利が約350円アップします。

利益率で言うと約2.7%も変わります。

 

手数料が安いことによるメリット

手数料が安いことによるメリットは、まずは先ほど解説した「粗利・利益率がアップすること」です。

そしてもう一つが「仕入れ基準が緩くなること」です。

 

上記の商品の利益率を20%取りたい場合、Amazon販売の場合だと仕入れ値は「8,431円以下」です。

しかしヤフショ販売の場合、仕入れ値は「8,778円以下」となります。

 

同じ仕入れ値ならば粗利・利益率がアップし、目標とする粗利・利益率が固定ならば仕入れの難易度が下がる。

これが手数料が安いヤフーショッピングの真骨頂とも言えます。

 

まとめ

このように、手数料が安いヤフーショッピングにおいては

  • 粗利・利益率がアップする
  • 仕入れの難易度が下がる

といったメリットがあります。

 

私も販売先の主戦場をヤフーショッピングに変えてからは、利益率が毎月20%を切ることはなくなりました。

(新品せどりでは割と高めだと思います)

 

この記事を見ているあなたがもしヤフーショッピングに興味があるならば、ぜひ挑戦してみてください。

Amazonよりも快適な販路であることが分かるはずです。