Amazon規約

【電脳せどり】真贋調査、出品調査の対策

ヘルビ ドラッグストア せどり 要期限管理商品 FBA 納品方法

近頃コンサル生や読者さんが

出品調査・真贋調査でアカウント閉鎖になっている人がいます。

 

 

その内容は様々で、

  • 仕入れ先に関係なく調査が行われる

そんな状況です。

 

そのため、この記事では

この出品調査・真贋調査についての対策等を記載していきます。

 

 

LINE@登録で全員に3大特典プレゼント!

 

『ヘルビスタートマニュアル』

『ネットショップ攻略マニュアル』

『限定マル秘特典』

 

がすぐに受け取れますので、登録しておいてくださいね(^^)

 

 

電脳せどり

 

 

出品調査・真贋調査の原因

 

まず、出品調査・真贋調査の原因ですが

それぞれ理由が違いますので解説させて頂きます。

 

電脳せどりでは特に確認しておいたほうがよい事項となりますので

チェックしておいてください。

 

 

出品調査

出品調査が来る理由はわかっていません。

商品ごとに見ても、

出品調査が来る出品者・来ない出品者に分かれます。

 

つまり、誰でもどんな商品でも来る可能性があります。

 

 

真贋調査

真贋調査が来る理由は

  1. 商品を間違えて出品したとき
  2. 偽物商品を販売してしまったとき
  3. 購入者がAmazonへ商品の不備を連絡したとき

 

ザッとこの3つになります。

 

1は気を付けていれば防げますね。

2も偽物商品に対して気をつけていればある程度は避けることができます。

 

問題は3ですが、例えしっかり販売をしていても

購入者から連絡が入ると真贋調査を行われてしまいます。

 

お客様主義のAmazonですから

こうなってしまうと避けられない状況です・・・。

 

 

そのためにも、調査自体に対策をしていたほうが無難です。

 

対策方法

 

出品調査・真贋調査の目的は

「正規の商品かどうか調べる」ためです。

 

Amazon規約では以下のようになっていますが

電脳せどり

 

実際には出品者がどうこうと言うよりも、

結局は商品の入手経路がどうなのか。

という部分が強いです。

 

では出品調査・真贋調査の対策方法ですが、

大きく分けて2つあります。

 

 

請求書を出品者に作成してもらう

ヤフオクやフリマで仕入れを行った場合、

その請求書を事前に準備していたほうが無難です。

 

その場合は

「出品者に請求書を作成してもらう」ことが対策になります。

 

この方法についてはこちらの記事にも解説しております。

Amazon 出品調査についての抜け道と見解|電脳ヘルビせどりで月商2000万を目指すブログ
2017年はAmazonで新たな規約が加わり、 せどらーにとってより厳しいものとなりました。 ですが実は抜け道はたくさんあるんです・・・。 出品調査について 抜け道と僕の見解をお伝えします(^

 

 

同じ商品を小売店・ネットショップ・公式サイトで仕入れる

仕入れ先が上記の3つでしたらそのままで問題ないですが、

ヤフオクやフリマから仕入れた商品の場合は

小売店・ネットショップ・公式サイトから同じ商品を仕入れましょう。

 

ドラッグストアせどりの商品は公式サイトでの販売や

ネットショップで販売されていることが非常に多いです。

 

小売店・ネットショップ・公式サイトから仕入れた際には赤字になるかもしれないですが

その請求書が1枚あれば使いまわしが可能になります。

 

電脳せどりではヤフオクやフリマから仕入れることが多いため、

このような対策を行うことがしっかりと対処できる秘訣になります。

 

 

例えばAmazonで販売されているこのドラッグストアせどりの商品ですが、

 

電脳せどり

 

 

電脳せどりの場合だと主な仕入れ先はヤフオクになります。

 

電脳せどり

 

しかしヤフオクやフリマの出品者は

請求書を用意してくれない人もいます。

 

その場合は公式サイトかネットショップから仕入れるのが有効となります。

 

 

この商品もGoogleで調べてみると、公式サイトがすぐに見つかりました。

電脳せどり

 

この商品は公式サイトでは税別3420円で仕入れが可能になります。

 

 

ここで仕入れを行えば、「請求書」または「納品書」が商品と一緒に送付されるので

出品調査・真贋調査の際に対策を立てることが可能になります。

 

 

ちなみにこの商品は公式サイトから仕入れると赤字になりますが、

必要経費だと思いましょう。

 

Amazonアカウント閉鎖よりはだいぶマシです(^^)

 

 

ネットショップ・公式サイトからの仕入れで証明できるのか?

 

よくもらう質問で

「ネットショップ、公式サイトからの仕入れで

 出品調査・真贋調査を切り抜けられるのか?」

というものがあります。

 

 

結論から言うと、「証明可能」です。

 

 

仕入れ先がどこか、という問題ではなく

「商品が正規品であることの証明」であることを提示できれば良いので

ネットショップまたは公式サイトからの請求書・納品書で

調査の対策を立てることが可能になります。

 

 

数量の不一致について

 

出品調査・真贋調査のメール内容に

「書類に記載されている商品の在庫を数量が一致している必要があります」

という文面があります。

電脳せどり

 

つまり在庫が5個あれば、仕入れが5個されている請求書等を提示しなければいけません。

 

しかし、実はここは一致していなくても大丈夫な場合が多くあります。

 

というのも、以前僕が出品調査を受けた際に

在庫が6個ある商品の書類を要求されたにも関わらず

僕は1個しか記載されていない書類を提示しました。

 

それしか請求書がなかったからです。

 

 

しかし、無事調査を乗り切ることができました。

 

 

以上の経緯から、アカウントスペシャリストは

「数量までしっかりと確認していなかった」

ということが分かります。

 

しかし100%大丈夫とは言い切れませんので

ご自身の判断でお願いいたします。

 

 

出品調査や真贋調査自体、そうそう来るものでもありませんので

知識としてこの記事の内容を知っておいてもらえたらと思います(^^)

 

 

 

すぐにドラッグストアせどりを学びたいなら!

ドラッグストアせどりにはメリットがあったり

ドラッグストアせどりならではの「禁断の裏技」があります。

 

この裏技を知っているか知らないかだけで

ドラッグストアせどりでの収益は10万円、

利益率は10%も変わってきます。

 

詳しくはメルマガで限定公開していますので、登録お願いいたします。