Amazon刈り取り禁止 !? 規約変更でヤフオク・フリマ仕入れなども終焉か?

Amazonの規約改定

Amazon刈り取り禁止 か?

 

Amazonの規約変更で、

 

・Amazon刈り取り

・個人からの仕入れ

・メーカー保証なしの商品

 

以上の3つが変更され、出品ができなくなりました。

 

 

コンサルルームや読者さんからの質問などがあったので

ここで規約改定の内容や僕の考え、

今後の動き方についてシェアしますね(・∀・)

 

 

 

Amazon刈り取り禁止 !? 変更になった規約

変更になった規約

変更になった規約

 

冒頭でも述べましたが、

今回、Amazonの規約変更になったのはコンディション・ガイドラインについてです。

 

詳しくはこちらからご確認ください。

 

Amazon刈り取り禁止

Amazon刈り取り禁止

コンディション・ガイドラインは何か?

 

 

簡単に説明しますと、

『新品』『ほぼ新品』『中古』などのコンディションについての規約ですが、

今回変更になったのは

『新品』として出品禁止になった商品についてです。

 

 

 

下記のように変更がありました。

変更

変更

Amazon刈り取り・フリマ仕入れ・ヤフオク仕入れをしていた人にとっては

すごく大打撃ですね。

 

 

では、1つずつ見ていきます。

 

 

個人(個人事業主を除く)からの仕入れ

個人から仕入れた商品は、新品として出品不可になりました。

つまり、フリマアプリやヤフオクから仕入れた新品商品は

新品で出品できなくなったんですよね。

 

 

・・・個人事業主からの仕入れを除いては。

 

ただし、個人からの仕入れでも

『ほぼ新品』で出品すればOKです。

 

 

僕が得意な手法として、

『大量に在庫を持っている・定期的に在庫を補充する』ような人からの仕入れですが、

そういった人は『個人事業主』の場合がほとんどなので、

このパターンは問題はなしです(^^)

 

 

 

メーカー保証がある場合で、同等の保証がつけれない場合

メーカー保証と同等の保証がつけられない新品商品は

新品での販売ができなくなりました。

 

ですがこの点は、以前からも似たような感じでありましたね。

このブログを見てくれている人は

 

・消耗品

・ヘルビせどりの商品

・食品せどりの商品

・ビューティの商品

 

を取り扱っている人が多いと思いますが、

そういった商品は元々保証がある商品って少ないので、

あまり気にしなくて良いですね(^^)

 

 

 

Amazonから仕入れた商品は出品禁止

こればかりはどうしようもないですね。

Amazon刈り取りが実質、禁止になったということです。

 

 

Amazon刈り取りをメインに行ってた人は、

禁止になったことで大打撃を受けるのではないでしょうか?

 

 

ですが・・・。

 

 

どこで仕入れようが、Amazonは把握できないですよね。正直。(笑)

ただ、もしものときの言い訳はできなくなりますね。

 

ただし『ほぼ新品』では出品できますね(^^)

 

 

今回の規約変更についての思考

今回の規約変更についての思考

今回の規約変更についての思考

 

さて、肝心の今回のAmazonの規約変更ですが、

正直どうってことないですね(^^)

 

 

今までも似たようなAmazonの規約変更はたくさんありました。

基本的にせどらーにとって不利になるような

規約変更はたくさんありましたね。

 

 

今回のAmazonの規約変更で言うと、特に疑問に思うのが、

『Amazonはどうやって確認をするのか?』

という点です。

 

 

あ、ただ、決して規約違反をしろと言ってるわけではないですよ!(笑)

 

 

 

個人事業主(もしくは法人・メーカー)からの仕入れの証拠を

どのように出せと?

 

⇒ 恐らく請求書等でしょうが、こんなの以前もありましたね。

 

 

 

Amazonからの仕入れ商品はどうやって確認するの?

 

⇒ これなんてガバガバな規約な気がします。

  個人事業主の知人や友人・知り合いと協力すれば、

  自分がAmazon刈り取りを行った商品を同じ価格で知人に売却し、

  再度知人などから購入すればOKになっちゃいますね。

 

 

 

大事な思考と柔軟な対応

とまあ、ちょっと考えただけでも

これぐらいの抜け道は予測できますね。

 

 

これからもAmazonの規約変更なんてたくさんあるでしょうから、

その度にどう動くかを考えるクセをつけていきましょう(^^)

 

 

最悪、このような事態に備えて

 

・アカウントを複数所持

・ヤフショ、楽天市場などの他販路開拓

・中国輸入進出

 

などなど、他の選択肢も視野に入れておいたほうが良いですね。

 

 

今後の動き方

今後の動き方

今後の動き方

 

得意なフリマアプリ・ヤフオクからの仕入れが

できなくなるピンチかと思いましたが・・・。

 

逆にチャンスですね(^^)

 

何故なら、Amazonには確認方法がないから。

 

 

というわけなので、フリマ・ヤフオク仕入れはやめません!!

 

 

さらに今力を入れているネットショップ仕入れは

まったく関係ないですね(笑)

 

 

『個人事業主』から仕入れができれば問題ないので、

そこを突いて攻略をしていこうと思います。

 

 

ひとまずは現在、あなたがやっている手法は

今後できなくなる恐れもあります。

 

 

あれこれと手を出すのはまずいですが、

色々な選択肢を持っていたほうが良いのも確かです。

 

ここでネットショップ仕入れに挑戦するのも面白いかもしれないですね(^^)

 

 

ではでは~

 

 

2 件のコメント

  • Amazonだろうがフリマアプリだろうが個人事業主(法人)を経由すれば問題ないという着眼点に驚き、シビレました!
    なんだか拓けた気がします!有益な記事ありがとうございます。

    • とんでもないです!
      Amazonに確認する術はないので、どこから仕入れようが結局は関係ないんです(^^)!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です