せどり&情報発信で稼いだ
テキーラ王子公式LINE@
実績者多数輩出の有料コンテンツを
LINE@登録で無料プレゼント中!
SEO対策

ヤフーショッピングで販売すると仕入れの幅が広がる理由を開設します

ヤフーショッピングで販売すると仕入れの幅が広がる理由を開設します

ヤフーショッピングで販売を行うメリットはキャッシュフローやアカウントリスクだけではなく、「仕入れの幅が広がる」ことにも繋がります。

 

Amazonでの販売を前提とした仕入れだと、仕入れ自体に苦戦している人も多いと思います。

しかし、そんな人でも仕入れがグッと楽になります。

 

その理由を、実際に僕が扱った商品を例にして解説していきます。

 

ヤフーショッピングの手数料について

まずは仕入れの幅が広がる理由として、ヤフーショッピングの手数料が関係しています。

ドラッグストアやビューティを例にあげると、Amazonでの手数料は10%です。

Amazonでの手数料は10%

 

一方、ヤフーショッピングの手数料は約5.5〜7%です。

下記が僕の現時点での入金額、手数料額です。

現時点での入金額、手数料額

受取金額と請求金額の合計が月商(売り上げ)になります。

この場合の手数料は約6.9%です。

 

ヤフーショッピングでの手数料は、お客さんの決済方法(クレジットカード払い、携帯払い)によって変動されます。

そのため毎月一定ではなく、大体5.5%〜7%の間をウロウロしています。

 

FBA手数料の有無も関係している

ご存知の通り、AmazonにはFBAというサービスがあります。

このFBAの手数料が地味に痛く、利益を圧迫しています。

FBAの手数料が地味に痛く、利益を圧迫

 

自分の商品がどのサイズに分類されるかはこちらをご参考ください。

自分の商品がどのサイズに分類

 

ドラッグストア、ビューティのほとんどの商品は標準までに収まります。

この場合、最大で360円を支払っていることになります。

 

実際の商品の具体例

では、実際にどういった違いがあるのかを

  • 手数料
  • FBA手数料の有無

で比較してみます。

 

ラクマにてこの商品を仕入れました。

ラクマにてこの商品を仕入れました。

 

1袋あたり1750円です。

メリカリ、ヤフオクでも大体この値段で仕入れができます。

 

ではAmazonの価格を見てみます。

Amazonの価格を見てみます。

 

カート価格が2050円です。

この時点で仕入れはちょっとできないですよね(笑)

 

ですが、利益計算を念のため行います。

利益計算を念のため行います。

 

FBAだと-268円の赤字。

自己発送でもたった95円の利益です。

 

では、ヤフーショッピングではどうでしょうか?

実際に販売した数字データがこちらです。

実際に販売した数字データ

※画像はクロスマ!(旧アマヤフ)というツールのデータです。

 

販売金額が2580円です。

手数料を7%、送料185円(クリックポスト)で利益を計算します。

 

2580円×0.07(7%)=181円(手数料)

2580円-181円(手数料)-185円(送料)-1750円(仕入れ値)=464円

 

純利益額は464円となります。

利益率は17.9%です。

 

販路をAmazonからヤフショに変えるだけで、一気に利益商品に生まれ変わります(笑)

Amazonでは利益が出ない商品(薄利だったり赤字)の商品なので、せどらーは誰も見向きもしません。

 

ですがヤフショを販路として持っている人ならば、誰でも仕入れができちゃいます。

なので実質仕入れ放題ですし、ヤフショは規制や警告がAmazonよりはるかに厳しくないので、やりたい放題です^^

 

ヤフショとAmazonの違いは、

  • Amazonより高額で売れる
  • 手数料が安いので利益が取りやすい
  • せどらーはAmazonで利益が出ないとスルーするので仕入れしやすい

こんな特徴があります。

 

 

このような商品を僕は50商品ほど出品しています。

売れ行きは商品によって様々ですが、仕入れはすごく楽で時間もかからないので、出品ページの作成等に時間を使えるわけです。

(しかも、一度作れば次回からは作る手間すらかかりません)

 

もちろん、Amazon販売時のように仕入れ価格を抑えることができれば、Amazonで利益率が15〜20%の商品は、ヤフショだと25%以上取れたりもします。

 

自己発送じゃないとダメなのか?

はじめに言っておきます。

ヤフショは自己発送が一番おいしく、利益が取りやすいです。

 

しかし、時間の都合上、自己発送ができない人も多いと思います。

その場合は代行業者を使用するようになります。

 

化粧品等の箱型商品はマルチチャネルなどでも良いと思いますが、サプリメントは外部の代行業者に依頼すると良いです。

(マルチチャネルは手数料が高いので、利益率が少し減るかも・・・)

 

もちろん代行を使えば、その分の料金はかかります。

しかし、その費用で手間を削減できるならば有りです。

(利益は減りますが商品を多く扱えるため、結果として利益額は大きくなる場合が多いです。)

 

僕は代行等は使わずにスタッフにやってもらっています。

スタッフがいなくても、代行でなくても個人の外注さんにお願いすれば費用はもっと削減できます。

 

また、ドラッグストアやビューティではなく、家電等を扱うのならばマルチチャネルでも良いかと思います。

その場合はクロスマ!(旧アマヤフ)で自動併売できるので、手間は余計かかりません^^

 

 

このように手数料が安いと仕入れの幅がすごく広がります。

次回は、主な代行業者について特徴別で記事にしていきます^^

 

すぐにドラッグストアせどりを学びたいなら!

ドラッグストアせどりにはメリットがあったり

ドラッグストアせどりならではの「禁断の裏技」があります。

 

この裏技を知っているか知らないかだけで

ドラッグストアせどりでの収益は10万円、

利益率は10%も変わってきます。

 

詳しくはメルマガで限定公開していますので、登録お願いいたします。