せどり&情報発信で稼いだ
テキーラ王子公式LINE@
実績者多数輩出の有料コンテンツを
LINE@登録で無料プレゼント中!
Yahoo!ショッピング

ヤフーショッピングは自己発送がうまい!メリットも記載します。

ヤフーショッピングは自己発送がうまい!メリットも記載します。

ヤフーショッピングは自己発送がうまい!

しかし、それはAmazonも同じですよね。

 

しかし、販売のメカニズムの特性上、ヤフーショッピングのほうがAmazonに比べて自己発送においては非常に売りやすいです。

 

その理由を紐解きながら、なぜ自己発送がおいしいのかを解説していきます。

 

電脳せどり

手数料と発送方法から考える

では早速、ヤフーショッピングは自己発送がおいしい理由を解説していきます。

 

手数料が安い

まず前提として、ヤフーショッピングは手数料が約6.5%ほどです。

決済方法によって手数料が違うので変動するのですが、大体平均でこの数字になります。

 

また、自己発送を行う場合は、もちろん発送方法は

  • ゆうパケット
  • ゆうメール
  • クリックポスト
  • ポスパケット

これらの安価な発送方法であることが前提です。

 

もしゆうパックやレターパックなどで発送しなければいけないような商品は代行やマルチチャネルを利用したほうが良いです。

 

しかし自己発送は手間がかかります。

送料もかかります。

 

それでも、なぜAmazonと比較して自己発送がおいしいのか?

次で解説していきます。

 

Amazonの自己発送と比較します

次に、Amazonとヤフーショッピングの自己発送を比べた場合、具体的にどこがどう違うのかを解説していきます。

 

Amazonでは自己発送で発送すれば、FBA手数料がかからないため利益率が大きくなります。

なのに何故Amazonではなくヤフーショッピングをオススメするのか?

そこには、Amazonの致命的な弱点があるからです。

 

まずは利益を比較

今回はこちらの商品を例に説明していきます。

今回はこちらの商品を例に説明していきます。

 

現在カート価格はFBAで2108円です。

この商品を仮に2108円で自己発送で販売した場合、利益は1897円となります。

利益は1897円

 

しかしAmazonでは、自己発送とFBAが同価格の場合はFBAでの出品商品が優遇されます。

そのため、実際にはこの商品は自己発送の場合は1900円ほどで出品しなくてはいけません。

 

商品によって上下はしますが、FBAカート価格の200円前後ほど下げないとカート取得ができないからです。

その際の利益額は1710円となります。

その際の利益額は1710円となります。

 

では、ヤフーショッピングの場合はどうでしょうか?

ヤフーショッピングではこの商品は最安値が2850円で販売されています。

ヤフーショッピングではこの商品は最安値が2850円で販売されています。

 

なんと、Amazonよりも高いです(笑)

ですがあくまで比較ですので、この商品が1900円で販売した場合を想定して計算してみます。

 

ヤフーショッピングの手数料は約6.5%です。

なので手数料は124円になりますので、利益は1776円となります。

手数料がやはり安いので、ヤフーショッピングのほうが利益が多いですね。

 

Amazonはカートが取れなくなる

利益額はヤフーショッピングが高くなりましたが、では実際の売れ行きはAmazonのほうが良い場合が多いです。

でも、それでもなぜヤフーショッピングのほうがおいしいのか?

 

それは、Amazonでは自己発送でカートを取っても、そのうち取れなくなるからです。

これはライバルの存在が大きく影響しています。

 

ライバルからすれば、FBAで出品している人はカートを取りにきます。

そのため、値段を少し下げることが多いです。

 

そうなると、今度は自己発送で出している自分はカートが取れなくなります。

なので価格競争が起こります。

 

ヤフーショッピングではそもそもカート獲得という概念がないので、価格競争も起こりづらいです。

さらにライバルより値段が高くても売れていきますし、商品によってはAmazonより高くても売れていきます。

 

Amazonで出品できない商品が出品できる

Amazonで出品できない商品がヤフーショッピングでは出品することが可能です。

では、具体的にどのような商品なのか?

ここに全てを記載していきます。

 

商標権の警告が来る商品がうまい!

ヤフーショッピングはAmazonと比べると、商標権の警告が来る商品がすごく少ないです。

一部来るものもありますが、Amazonの1割未満です。

 

例えばこの商品は、Amazonではすぐに警告が来て販売することができません。

Amazonではすぐに警告が来て販売することができません。

 

出品者グラフを見ても、警告が来る波形をしています。

出品者グラフを見ても、警告が来る波形をしています。

 

しかしこの商品は、ヤフーショッピングでは当たり前のように様々な出品者が出品しています。

ヤフーショッピングでは当たり前のように様々な出品者が出品しています。

 

さすがにAmazonのほうが価格は高いのですが、この商品はラクマ等のフリマアプリなどで1袋当たり2396円で販売されています。

ラクマ等のフリマアプリなどで1袋当たり2396円で販売されています。

 

この商品をヤフーショッピングで3300円で販売した場合、クリックポストの送料185円と手数料6.5%を加味すると・・・。

 

3300円×6.5%=215円(手数料)

3300円-2396円(仕入れ値)-215円(手数料)-185円(送料)=504円

 

差額が1000円未満なのに、利益が504円も出ます(笑)

利益率は15.2%。

 

そして今現在、Amazonでせどりをしている人は増えていて、ヤフーショッピングやフリマ等から警告が来る商品だと知らずに仕入れてしまい、泣く泣くヤフオクやフリマアプリで現金化をするために損切りして販売する人が多いです。

 

なので仕入れはいつでもできる商品が多いです。

警告が来る商品だからこそのメリットがたくさんありますね。

 

自由自在に商品を販売できる

Amazonでは規約上、新品ではないドラッグストアの商品は中古で販売ができません。

そして化粧品などの場合、外箱がなければ未使用であっても新品出品ができません。

 

なので外箱がない商品は中古で出品ができないので販売が不可能となります。

 

しかしヤフーショッピングでは、アウトレットと記載すれば外箱がなくても出品可能です。

 

なのでヤフオクやフリマなどでよくある、

  • シリアルナンバーが削られている
  • バーコードが切り取られている
  • 元々外箱がなく、激安で出品されている

このような商品でも出品・販売を行うことが可能です。

 

これは大きなメリットの一つだと思います。

 

本来仕入れができない商品が仕入れできる

ヤフーショッピングの自己発送でのメリットの一つに、本来仕入れができない商品が仕入れできるという点が挙げられます。

 

これは先ほど言ったアウトレット商品等ではなく、価格差の話です。

Amazonでは自己発送商品はカートが取りづらいため、販売自体が向いていないことを説明しましたが、利益と手数料の関係でライバルせどらーがリサーチしてスルーした商品をヤフショ販売用で仕入れすることが可能になります。

 

例えばこのユーグレナの緑汁は、メルカリで2200円ほどで仕入れが可能です。

このユーグレナの緑汁は、メルカリで2200円ほどで仕入れが可能です。

 

しかしAmazonでは1920円ですので、当然ですが仕入れ対象ではありません。

Amazonでは1920円ですので、当然ですが仕入れ対象ではありません。

モノレートを見ても、直近で2980円がカートを取っていました。

しかし、それでも仕入れ値は2200円ほどなので、手数料を考えると仕入れなんてとてもできません。

それでも仕入れ値は2200円ほどなので、手数料を考えると仕入れなんてとてもできません。

 

しかしヤフーショッピングでは最安値が3139円です。

ヤフーショッピングでは最安値が3139円

 

仮にAmazonが同価格だったとしても、このように利益率・利益額は低くなります。

仮にAmazonが同価格だったとしても、このように利益率・利益額は低くなります。

 

しかしヤフーショッピングでは、利益が550円・利益率17.5%をたたき出すことが可能です。

 

このように本来仕入れできない商品はライバルがスルーします。

しかし販路をヤフーショッピングに移すだけで、ライバルが少なく利益を取ることが可能になります。

 

マルチチャネルが高い

ヤフーショッピングで自己発送をオススメする理由の一つに、Amazonのマルチチャネルが高いことが挙げられます。

 

マルチチャネルの手数料はこのような感じです。

マルチチャネルの手数料はこのような感じ

 

ドラッグストア商品だと、どれだけ安くても手数料は424円となります。

高いですよね(笑)

 

なので厚さ3センチ以内のサプリメントや小さな化粧品は、自己発送のほうが圧倒的にお得になります。

 

Amazonとの併売はどうする?

さて、ヤフーショッピングを開店した場合にAmazonとの併売はどうすれば良いか?

答えとしては、「できるものはして手数料が高いものはしない」です。

 

この記事で散々言っているように、警告が来る商品や送料が安価な方法で発送できる商品に関しては自己発送で発送します。

 

しかし、そうではない箱型の化粧品や厚さが3センチを超える商品、その他ジャンルの大きな商品に関してはアマヤフを使用してAmazonとヤフーショッピングの自動併売を行うほうがメリットは大きいです。

 

アマヤフに関してはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
アマヤフ
アマヤフを使ってヤフーショッピング販売をオススメする理由Amazonでは日々規制が強化されています。 これってせどらーには死活問題ですよね(^^; この問題を解決するためにはもはや他販...

 

 

なので、

  • 自己発送だけ
  • マルチチャネルだけ

このようなどちらかに偏った販売を行うのではなく、分けて販売することによって売上・利益・利益率を格段にアップさせることが可能です。

 

ヤフーショッピングでの自己発送はめんどくさいと思われがちですが、メリットもたくさんあります。

ぜひ取り入れて利益率をアップさせてください。

 

その他のヤフーショッピングのメリット等に関してはこの記事で解説しています。

あわせて読みたい
Yahoo!ショッピングは売れない?売れない理由を考えてみましょう
Yahoo!ショッピングは売れない?売れない理由を考えてみましょうYahoo!ショッピングはプロフェッショナル出店とライト出店があり、今では審査が厳しくなったものの、販路としてYahoo!ショッピングが...

 

Amazonだけの時代は、終わりがすぐそこまで近づいているかもしれませんね。

 

すぐにドラッグストアせどりを学びたいなら!

ドラッグストアせどりにはメリットがあったり

ドラッグストアせどりならではの「禁断の裏技」があります。

 

この裏技を知っているか知らないかだけで

ドラッグストアせどりでの収益は10万円、

利益率は10%も変わってきます。

 

詳しくはメルマガで限定公開していますので、登録お願いいたします。