レゴが出品規制?

どうもー!

テキーラ王子でございますよっ(・∀・)

ここ最近で話題になっている

「LEGOの出品規制」

年末商戦前でガッツリと仕込んでいる方は

「フザけんじゃねーよ!」

「Amazon何してんの!」

と、思っていると思います。

今回の記事では、ここんところについて

色々と考察してみます。

規制は本当?

結論から言うと、規制は本当です。

LEGOはおもちゃジャンルでの

サブジャンルが「ブロック」というものに分類されます。

今回はこの

おもちゃ – ブロック のジャンルが規制されたようです。

Amazonに問い合わせてみますとこのような返答が。

621243

実際にテクサポへ聞いてみましたので

まず間違いないかと思います。

しかし、ブロックのジャンルでも

出品できるものとできないものがあります(2016/11/30日現在)

その他の出品規制

今回、実はおもちゃ – ブロックだけでなく

その他数種類のジャンルが規制されました。

規制された商品は下記です。

〇コンタクト

〇チャイルドシート

〇バッテリー

〇ドローン

〇ブロック

等々・・・。

バッテリーなんかは扱っていた方も多いかと思います。

対処法は?

しかし、この処置は一時的なものらしいです。

過去に取り扱ったことのある商品は

テクサポへ連絡すると解除してくれる。とのこと。

(断られても再度聞いてみても良いかと)

尚、ドラッグストアやビューティ、食品のように

公式な手順での出品解除方法は今のところありません。

また、解除されたとしても永久的なものではないらしいです。

つまり今後、さらに規約が変わる可能性があるということですね。

上記に書いた商品たちは今後、

カテゴリー申請が必要になってくると言っていました。

以上が今回の規制騒動のまとめです。

しかし、またAmazonやってくれましたねー(^^;

こんなことがありますので

Amazon以外での販路開拓でリスク分散をしておきたいですね。

いつもありがとうございます!

応援のクリックをお願い致します。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする