Amazonアカウントを複数作る

どうもー!

テキーラ王子です!

Amazonアカウントが閉鎖された!

Amazonで販売ができなくなった!

こんな経験、ありませんか?

もしくは複数のアカウントを持ちたい。

今日はそんな方の為に

アカウント作成方法をお伝えします。

  なんでアカウントが閉鎖されるのか?

まずはアカウントが閉鎖される理由を

お伝えします。

Amazonは原則、1人1アカウントのみです。

1人が複数アカウントを持っちゃうと

アカウント閉鎖されます。

そしてアカウント閉鎖されるときに

一番多い原因が

【1つのIPアドレスから複数のアカウントでログインする】

これが一番多いです。

例えば、実際に自分が1アカウントしか持っていなくても

公共のWi-Fi等でログインしてしまうと

他の人がそのWi-Fiからログインしていれば

一発でアウトになります。

もちろんIPアドレス以外でも

閉鎖の原因は色々あります。

なのでアカウントを複数持つ方法を

抑えておきましょう。

  工程

まず、アカウント作成の際に必要になってくるのが以下となります。

 

  屋号

  名義

  住所

  メールアドレス

  クレジットカード

  銀行口座

  回線

  パソコン

  電話番号

 

屋号は問題ないですね。

名義も知人や家族の名義を借りればOKです。

メールアドレスも作ればOKですね。

パソコンは安いのを買えばOKです。

(パソコンからのログイン履歴も残るので

 閉鎖されたアカウントを使っていたパソコンはNGなので買いましょう)

電話番号もSMARTalkというアプリから

050の番号を契約できるので問題ないです。

【SMARTalkの記事はコチラ】

問題は住所、銀行口座、回線、クレジットカードですね。

  住所

住所は以前と同じ場所、もしくは

他アカウントと同じ場所だとアウトです。

ここは実家の住所だったり知り合いに頼み込むのが

お金がかからなくて良いです。

それが無理ならレンタルオフィスというものが借りれます。

これは月額がかかってくるのですが

結構便利です。

レンタルオフィスでググると

色々出てきます。

  クレジットカード

クレジットカードも以前使っていた、もしくは

現在他アカウントで使っているものはNGです。

別のカードなら同姓同名でも問題ないので

他カードにしましょう。

デビットカードでもいけますので

審査等厳しい人は新しく作るのも手です。

デビットカードならすぐ作れると思います。

  銀行口座

以外と知らない人が多いんですが

銀行口座とクレジットカードの名義は

一緒じゃなくてOKです。

一緒のほうが良いかと思われがちですが

別で全然問題ないです。

  回線

回線は絶対分けないといけないです。

WiMAXなどのポケットWi-Fi使いましょう。

月3000~4000円かかりますが、確実です。

またスマホなどでテザリングしてもOKです。

  かかるコスト

レンタルオフィス  5000円前後

回線         3500円前後

Amazon大口出品 4900円

合計   13400円前後

大体こんなものでアカウントがもう一つ作れます。

プライスターなどを利用するならば

もうちょっと上がりますが、

最低これぐらいを見てればOKですね。

Amazonは常にリスクと隣り合わせです。

一度アカウントが止まると

こちらへの売上金の入金が遅れたり

その間の販売ができないなど

考えるとゾッとするようなリスクが付きまとってます。

そのため、新たにアカウントを

作っておくことをオススメします。

いつもありがとうございます!

応援のクリックをお願い致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする