Amazon 危険物をFBA納品する方法

Amazon 危険物

 

Amazonでは危険物という商品があり、

通常の商品とは違いAmazon出品大学にてマニュアルを読まないと

FBA納品を行うことができません。

 

「危険物はめんどくさそう」

「扱わないから別にいいや」

 

と思っていても、意外な商品が危険物だったりすることが多いです。

実際にヘルビ・ドラッグストアでも危険物の商品は多いので

一度確認することをオススメ致します。

 

 

Amazon 危険物のFBA利用マニュアル

まず、Amazonが危険物についての具体的なマニュアルを公開しています。

 

内容等は予告なく変更されることもありますので、

ブックマークし定期的にチェックすることをオススメします。

 

→ http://s3.amazonaws.com/JP_AM/doc/FBA/FBA_Hazmat.pdf

 

 

Amazon 危険物に該当する商品とは?

「危険物って危ないんじゃ・・・?」

と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

ただ日本の法律上、成分などが原因で

輸送等に制限をかけられる商品があり、それらをAmazonでは危険物と呼ばれています。

 

具体的には下記のようなものです。

 

  1. 国際航空運送協会(IATA)によって危険物として輸送が規制されている商品をアマゾンでは危険物としています(リチウム電池単体またはリチウム電池を含む商品を除く)
  2. 主に「危険物」に該当する条件
    • 商品またはパッケージに、「腐食性」、「可燃性」、「刺激性」、「有害性」、「環境に有害」、「有毒」、「限定量」、「危険」、「まぜるな危険」などの警告が示されている
    • 引火点が250℃以下
    • スプレー缶に入っている
    • 圧縮されたガスである

 

2については危険物だということがなんとなくわかるかと思います。

ただ1についてはいまいちイメージができない人も多いかと。

 

1について、IATAが定めている商品にはこのようなものがあるようです。

  • 1) 爆発物・火薬類
  • 2.1) 引火性ガス
  • 2.2) 非引火性ガス
  • 3) 引火性液体
  • 4.1) 可燃性物質
  • 5.1) 酸化性物質
  • 6.1) 毒物類
  • 7) 放射性物質
  • 8) 腐食性物質
  • 9) その他

 

Amazon 危険物

 

ここでヘルビ・ドラッグストアせどりでよく見落とすのが

「引火性液体」の商品です。

 

化粧水などは「アルコール」が含まれていることが多いのですが、

「アルコール」は引火性液体です。

 

そのためAmazonにて危険物の商品をFBA納品をいつでも行えるようにしておくことが

ヘルビ・ドラッグストアせどりでは重要になってきます。

 

Amazon 危険物でFBA納品できないもの

Amazonでは危険物はマニュアルを読めばFBA納品ができるようになりますが、

すべての危険物の商品がFBA納品できるわけではありません。

 

下記のような商品はFBA納品を行うことができません。

Amazon 危険物 Amazon 危険物 Amazon 危険物

 

以上に該当する商品はAmazonで危険物のFBA納品が禁止されております。

誤って納品した場合は重大な納品不備として扱われるため、最悪アカウントが閉鎖させられます。

 

そのため取り扱いには気をつけるようにしてください。

 

Amazon 危険物と通常のFBAが異なる点

通常の商品と違い、Amazonで危険物を納品する場合は

多くの制限が設けられています。

 

  • 商品の返送・廃棄のリクエストはテクニカルサポートまで連絡
  • FBAパートナーキャリアサービスの利用不可
  • 引火性液体にあたる商品は、事前に申請が必要(後述)
  • 引火性液体の納品先は狭山FC(HND2),小田原FC(FSZ1)のみ
  • 輸送箱の側面に「危険物 在中」のラベルを貼付(PDFファイル参照)
  • 納品できるサイズは小型サイズと標準サイズのみ
  • 通常商品との同梱をしない
  • 梱包材・緩衝材は紙製のみ
  • ラベル貼付サービスの利用不可。混合在庫での納品は不可。全ての商品に商品ラベルを貼付してください。混合在庫(JANコード納品)での納品はできません

 

このような制限がありますのでお気をつけください。

 

 

Amazon 危険物で事前申請が必要なもの

ヘルビ・ドラッグストアではよく取り扱う「引火性液体」は事前申請が必要です。

 

事前申請の方法について下記にて解説していきます。

 

申請書をダウンロードする

引火性液体はEメールでの申請が必要となります。

まずは以下のURLより、事前申請記入用紙のダウンロードをします。

(エクセルファイルです)

http://s3.amazonaws.com/JP_AM/doc/FBA/FBA_Hazmat_Request201604.xlsx

 

記入する内容は?

記入する内容は下記となります。

 

  • 新規取扱い申請:商品が初めての申請であれば「新規取扱い申請」、過去に申請した商品の数量変更であれば「既存枠数量変更」を記載します。
  • 店舗名:出品アカウントの店舗名を記載します。
  • ASIN:申請する商品のASIN。
  • 商品名:申請する商品の商品名。
  • 過去30日の販売個数:販売個数(未販売の場合は予想値)を入力します。

 

Amazon 危険物

 

 

上記のエクセルシートに該当商品の情報を入力し、「保存」してください。

 

申請用紙を提出する方法

申請ページは、Amazonセラーセントラルより、

 

  1. 「ヘルプ」を選択
  2. 「お問い合わせ」を選択
  3. お問い合わせページに移動するので、「Amazon出品サービス」を選択
  4. 「Amazonから出荷(FBA)」を選択
  5. 「上記以外のFBAの問題(注文、在庫状況、返送など)」を選択
  6. 「Eメール」を選択

 

この流れで申請をすることが可能です(^^)

 

Amazon 危険物

 

申請する内容は、

件名:「FBA危険物引火性液体の納品リクエスト」と入力

添付ファイルを追加:ここのボタンをクリックして、先程記入したエクセルファイルを添付します。

を入力して送信すれば完了です。

 

Amazon 危険物

 

FBA納品の申請の登録連絡

申請した内容は「ケース履歴」として登録され、審査完了後、

Amazonから登録完了した商品のASINと上限数が伝えられます。

 

上限数を超える納品を行いたい場合は

「既存枠数量変更」という形で該当商品を申請することになります。

 

 

Amazon 危険物商品 FBA納品時の注意点

 

Amazonにて危険物のFBA納品時には注意点があります。

 

輸送箱の側面にラベルを貼付

A5サイズ以上で貼付してください。

複数箱での納品の場合はすべての輸送箱に貼付してください。

シートの張り忘れは重大な納品不備となります。

 

シートは以下のものです。

Amazon 危険物

 

このシートを納品するダンボールの上面に貼り付けましょう。

 

納品できるサイズは小型サイズと標準サイズのみ

「大型」に区分される商品は納品できません。
 

 

通常商品との同梱をしない

該当する商品は他の通常商品と分けて納品プランを作成し、

輸送箱も分けてください。

 

 

梱包材・緩衝材は紙製のみ

可燃物となりうるプラスチック材は梱包材・緩衝材として利用できません。

紙製の梱包材・緩衝材をご利用ください。

 

ラベル貼付サービスの利用、混合在庫での納品は不可

全ての商品に商品ラベルを貼付してください。

混合在庫(JANコード納品)での納品はできません。

 

 

以上のことに注意してください。

 

 

Amazon 危険物商品の確認方法

FBA納品をできる状態(マニュアルを読んだ後)だと通用しないのですが、

事前にAmazonにて危険物かどうかを確認できる方法がありますのでお伝えします。

 

まずはアプリをインストール

スマホ・iPhoneで使える「Amazon Sellerアプリ」を使えば

その商品がAmazonにて危険物かどうかを事前に調べることができます。

 

 

iPhoneとAndroidの両方共アプリがあります。

 

iPhone

→ https://itunes.apple.com/jp/app/amazon-seller/id794141485?mt=8

 

Android

→ https://play.google.com/store/apps/details?id=com.amazon.sellermobile.android&hl=ja

 

 

インストール後、セラーセントラルのIDとパスワードを入力すれば

自身のセラーセントラルと紐づけできます。

 

 

確認方法

ではAmazonで危険物と疑わしい商品の確認方法を説明します。

 

まず、アプリのマイページに表示されている『商品登録』をタップします。

Amazon 危険物

 

『販売する商品を検索』で疑わしい商品の名前を入力してください。

Amazon 危険物

バーコードでの検索も可能です。

商品を検索するとこんな感じで表示されます。

Amazon 危険物

 

この包丁はFBAに納品できる商品ですが

FBAに納品出来ない商品はこんな感じで表示されます。

Amazon 危険物

 

商品写真の右側に禁止マークが表示されます。

このマークをタッチすると、FBA出品不可と表示されます。

Amazon 危険物

 

 

このアプリで簡単にAmazonで危険物かどうか確認できますので

確認してみてください。

 

Amazon 危険物についてのまとめ

Amazonでは危険物商品は、マニュアルを読めばFBA納品が可能です。

 

また、Amazonにて危険物かどうかの判断方法もありますので、

まだマニュアルを読んでいない方はセラーアプリで判断してくださいね。

 

Amazonでは危険物の商品が結構あります。

スプレー缶タイプのものだったり、アルコール成分を含む化粧水などですね。

 

Amazonでの危険物のFBA納品は通常の納品と違い、

いくつかステップが増えるので少しメンドクサイですが、

Amazonで危険物を納品できるセラーもまだまだ少ないので

利益を取る為にはFBA納品をできるようにしておくと良いですね。

 

 

ここで差別化して、他セラーと差をつけてくださいね(・∀・)

 

 

 

すぐにドラッグストアせどりを学びたいなら!

ドラッグストアせどりにはメリットがあったり

ドラッグストアせどりならではの「禁断の裏技」があります。

 

この裏技を知っているか知らないかだけで

ドラッグストアせどりでの収益は10万円、

利益率は10%も変わってきます。

 

詳しくはメルマガで限定公開していますので、登録お願いいたします。

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です