【ヘルビ・ドラッグストアせどり】知的財産権侵害について~商標とは?

Amazonでヘルビ・ドラッグストアせどりの商品を販売をしていると、出てくる問題の一つとして

【知的財産権侵害の警告】があります。

 

いきなりメールが来るのですが、慌ててしまう人も多いので

しっかりと対処法を知っておきましょう。

 

知的財産権とは?

知的財産権とは、

 

人間の幅広い知的創造活動の成果について、その創作者に

一定期間の権利保護を与えるようにしたのが知的財産権制度です。

知的財産権は、様々な法律で保護されています。

 

 

簡単に言うと、知的財産権を保有しているメーカー(商品の製作者)に

無断で販売をしていると法律的に罰せられるよ、というものです。

 

おおまかに【商標権】と呼ばれりもします。

 

 

ヘルビ・ドラッグストアせどりではこの商標を有しているメーカー商品が非常に多いです。

 

 

どのように警告がくるのか?

商標を取得していて、メーカー的にネット販売がNGな商品は

出品していると、警告メールが来ます。

 

しかし、

商標を有している = 販売してはいけない

 

ではないです。

 

商標を有していて、メーカーが警告をしてくる商品を

Amazonで販売してはいけないだけですね。

 

つまり、商標を持っていても

警告や注意などしてこないメーカーもたくさんあります。

 

 

販売NGな商品を出品していた場合、

下記のようにメールが来ることがあります。

 

ヘルビ・ドラッグストアせどりの警告

ヘルビ・ドラッグストアせどりの警告

 

送信されるメールには2種類あり、

1つは『Amazonが送ってくる場合』

(上記の画像がAmazonからのメールです)

 

2つ目は、『メーカーがマーケットプレイスを通して連絡してくる場合』です。

 

 

どう対処すればよいか

こんなメールがいきなり来ると焦りますよね。

ですが要約すると、

『知的財産権を侵害しているから出品を取り下げてね』

と言っているだけです。

 

『法律違反だから、君を訴えるね』

と言っているわけではありません(・∀・)

 

 

なのでこのようなメールが来た場合は

素直に出品を取り下げて、出品している在庫ページも削除しましょう。

 

 

無視するとどうなるか

もしこの警告メールを無視して、出品を取り下げずに

販売を続けているとアカウント停止や閉鎖と言った処置を取られます。

 

アカウント停止や閉鎖だけならまだマシですが、

メーカーが訴えてくることもあります。

 

法律的に違反しているのはコチラなので、こんな最悪な事態は避けたいですね(^^;

 

 

なので、警告メールが来たら

面倒くさがらずに取り下げておくのがベストです。

 

その商品はもうAmazonでは販売できませんが、

ヤフオクやメルカリなどで販売すること自体は可能ですので

他販路で損切として売り切っちゃいましょう。

 

 

まとめると

・警告メールが来ても慌てない

・出品を取り下げる

 

対処はこれだけでOKです。

 

間違っても、放置したりAmazonやメーカーに逆らうようなことはしないでください。

 

知的財産権侵害のドラッグストアせどり商品リストを作っています

ヘルビ・ドラッグストアせどりには切っても切れないのが

知的財産権の問題です。

 

ですが、事前に出品NGなメーカーや商品を知っていれば

結構楽ですよね。

 

なので『知的財産権侵害商品リスト』を作りました。

※今後、随時更新していきます。

 

こちらからご参考ください。

 

⇒ 『知的財産権侵害商品・メーカーリスト』

 

また、ブログの上部(スマホ等は下部)に常においていますので

仕入れの際に参考にしてくださいね。

 

 

また、他にも警告が来たドラッグストアせどりの商品やメーカーがありましたら

教えて頂けると幸いです。

 

 

 

5 件のコメント

  • はじめまして、
    質問です
    こちらにも掲載があるナイトアイボーテⅡを販売していて、
    アマゾンから警告のメールが来ました
    テキーラ王子さんが、ブログ内で挙げてる注意される商品のリストを参考にすることなどで、今後は警告が来るリスクは減ると思います
    でも、警告が来るという可能性が0になるわけでないと思います
    ということは、アマゾンのアカウント停止になるリスクも消えてないということになります
    もし、アカウント停止になったとしても、復活できるという人もたくさんいますが、
    万一、復活できなくなったとしたら、アマゾンでビジネスができなくなるということもないわけでないと思います
    そう考えるとヘルビには手を出さないほうがいいとも思います
    実は、今、他の人のコンサルを受けてるのですが、その人は、そういう考えで、
    リスクのあるヘルビには手を出すなというのです
    でも、ヘルビは利益が取れるもので、なおかつ、継続できるものが多いです。
    リスクがあるからやらないというのは、なんか違う気がするのです。
    どう思われますか?

    • たにかわさん、どうもです!

      まずですが、第一に勘違いをしていらっしゃると思われます。

      仰るように、いくら注意しても警告が来ない可能性は0ではないです。
      が、警告が来た場合は、素直に警告通りに
      商品の出品を取り下げたり、定価販売をすれば良いだけなんです。

      警告が来て、即アカウント停止になるようなことはないです。
      もちろん、警告を無視して出品を続けるとアカウント停止にはなります。

      この一連の流れをリスクと取るかどうかですね。

      仰るようにヘルビはとても稼ぎやすいです。
      【リスク】という意味で見るならば、Amazon販売する以上は
      どのジャンルもリスクはあります。

      なのでヘルビだからと、手を出さないのはもったいないです(^^)

  • はじめまして。

    先日、MEN LABO という、会社から、知的財産権のメールが来ました。商品名は、ビトックスアルファです。

    せどり初心者のため、すごく焦りました。。
    こちら様のブログで、きちんと勉強して、そういう間違いは二度としないように、気を付けるつもりです。

    もし宜しければ、参考にしてください。

    いつも、楽しく読まさせてもらってます。
    ありがとうございます。

    • こんにちは!
      いつもありがとうございます(^^)

      情報もありがとうございます!
      記載させて頂きます(^^)
      今後ともよろしくお願い致します!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です