せどりとは 意味・由来 せどり=ブックオフではない

どうもー!        

テキーラ王子です!      

この記事では、せどりとは!?について紹介していきたいと思います。

知らない人も多い、せどりって言葉ですが、意味・由来とは一体なんなんでしょうかね!?

僕自身もせどりと聞いた時は、何だ!?と思いました。

きっと聞いて知ってるって人の方が少ないと思います。

是非この記事でせどりを知ってもらえればなと思います。

  せどり意味・由来   

せどりの意味・由来ですが、Wikipediaには、    

一般的にはひらがなで「せどり」と書く。

辞書では「競取り」という漢字が当てられているが、

元々は「糶取り」という字が使われていた。

「糶取り」の「糶(ちょう、せり、うりよね)」とは、

「米を売りに出す」の意で、そこから「米の競り売り」や「行商」のことを指す。

漢字としては「出+米+翟(=擢:抜き出す)」から成り、

貯蔵してあった米を選り出して売りに出すことを意味し、

そこから転じて多くの物の中から選び出して売ることを「糶取る(動詞)」または「糶り取る」と言う。

「糶取り」とは「糶取る」の連用形である。

「古書店等で安く売っている本を買い、他の古書店等に高く売って利ざやを稼ぐ(転売)」こと、またはそれをする者を指す。

同業者の店頭から高値で転売する事を目的に「抜き買い」するため、せどり行為は業界内では嫌われる。

過去には、店を持たずに各地を回り、自分の知識と目利きを頼りに仕入れた商品を同業者に販売したり、

注文を受けた本を探し出して手数料を受け取ったりする「せどり屋」という商売があった。

現在では新古書店等で安く売っている商品や古紙回収で集めた書籍を、

主にインターネットを利用して販売する事を「背取り(せどり)」と言い、せどりをしている個人や業者を「せどらー」などと呼ぶ。

本に限らず、CD、DVD、ビデオソフト、ゲームソフト、カレンダーなど、

インターネット上に中古市場の存在する多くの媒体が販売ルートとなっており、

「せどり」を指南するウェブサイトやノウハウ(情報商材)を売る商売、または専門の塾やセミナーも存在している。

引用:Wikipedia

こういったことが書かれていました。

言葉の由来などはたくさんあるようですね。

・競った

・本の背表紙

から競取り、背取りと言葉になったそうですね。

江戸時代では本の背表紙だけを見て、

本を買っていく人が多かったのも由来となっているみたいです。

たくさんのことが書いてあってわかりにくいですが、

せどりとは転売と一緒という認識で大丈夫ですね。

せどりと転売同じ意味合いで、特に違いなどはないです。

   転売は悪いことなのか?  

  

 

転売と聞くとWikipediaにも書いてありますが、

悪いイメージを持たれる方も多いと思います。

転売ってだけで、犯罪違法だと言う風潮も少なからずあると思います。

しかし実際は、決して悪い事ではないので安心してください。

犯罪でも違法行為でもないです。

転売が犯罪や違法だったら、普通のお店が商売できなくなりますからね。

ただ会社で行うか、個人で行うかの違いなだけです。

しかし実際中には、

売れない商品を大量に購入して押し売りする業者もいるみたいです。

そう言った人のせいで業界のイメージが悪くなっているのはあります。

でも少なからず僕を始め、僕の周りの人が

行っているせどりはそういった手法ではないです。

 

  現代においてのせどり  

せどりの形も時代によってどんどん変化してきています。

最近のせどりと言うのは、

主にインターネットを利用して商品を販売することをせどりを言うことが多いです。

最近ではたくさん商品を販売する場所があります。

  ・Amazon

  ・楽天

  ・ヤフオク

  ・ヤフーショッピング                 

  ・メルカリ

ざっとあげただけでもたくさんのネットショップがありますね。

今では実店舗を持つではなく、

ネット上にショップを持つことが主流となっています。

実店舗を経営するとなると莫大なお金が掛かりますが、

ネットショップなら数万円で再現できてしまいますからね。

このようにネットを使う事によって、個人でもせどりを出来るようになったわけです。

インターネットの普及がせどりにも大きな影響を与えていますね。

このようにネットを使って

商品を販売している人達のことを世間ではせどらーと言うそうです。

  せどり=ブックオフではない   

 

せどりと聞くと、古本をイメージされる方が多いと思います。

しかしここ数年でせどり業界も進化し

現在では、オールジャンルせどりが主流となってきています。

オールジャンルなので扱う商品が幅広いです。

古本はもちろんのこと、ホビー、家電もメジャーになってきています。

一部のせどらーでは、シャンプーだったり食品も扱う人もいます。

もう転売できない商品は無い時代に突入してます。

どんな商品でも仕入れ対象です。

逆に言うと、現在のせどりに対応できないと稼ぐのは難しいかもしれないです。

  せどり・転売は儲かる?   

 

はっきり言って、せどり・転売は儲かります。

安く買って、高く売る

このようにシンプルなビジネスモデルとなっているので、再現性も抜群に高いです。

じゃないと学生の僕が稼げているわけがないです。

でも一つだけ稼ぐ為のポイントと言うと、

先ほども言いましたが、オールジャンルのせどりを意識した方が良いと思います。

その時代にあった手法があるともうのですが、

間違いなく今にあっているせどりはオールジャンルせどりです。

いかに固定観念なく、せどりを行えるかがポイントだと思います。

それさえ出来れば間違いなく、せどり・転売は儲かります。

特にせどり・転売はインフラが整っているのもあり再現性が高いです。

これから副業を始めようと思っている方には、せどり・転売はおすすめのビジネスです。

副業選びで悩んでいる方は、是非せどり・転売を行ってみてください。

いつもありがとうございます!

応援のクリックをお願い致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする